border

Akio Takimoto Solo Exhibition/滝本章雄個展
「border」
2018/3/15-25 | 13:00-19:00
Linlow(Osaka)

レセプション
2018/3/17sat
18:00-21:00
※会場でもドリンク販売有



大阪・北浜にあるギャラリーLinlowにて2年ぶりに個展を開催。

「THINK」「モノ・コトの翻訳」をテーマに制作し続けております個人の作品制作も年齢を重ねる毎に消化する感覚が変わってきています。
モノ・コトの捉え方をもう一度見直そうと試みた行為として「境界」をどの様に認識するのかに興味を持ちました。

物質的にも感覚的にもどこかに境界が存在し、溶け合い、混ざり合い、その本質はどこにあるのか?と思いながら「border」シリーズを制作しております。


多く言葉を書いておりますが出会うきっかけになって頂ければ幸いです。
観る時にルールはありません、難しい事でもありません。
エンターテイメントの仕事に携わる事も多い中、アートは難しいという言葉を聞くことが多く、それを少し寂しくも思っております。
幸せなことにクリエイターやアートファンだけでなく、幅広い立ち位置の方に情報を見て頂いております。
まずは興味を持って頂いた方々にこんな事考えているんだと伝える所からスタートしたいと思います。
言葉が必要でない方はスルーして頂き、尚且つ会場まで足を運んで頂く機会を得られると嬉しいです。


コラボレーションとなる作品
“Akio Takimoto x HASSHOUSETSU ”
ドラムプレイヤーのTakashi Mori氏のプロジェクト「HASSHOUSETSU」の音源からビジュアルに翻訳する作品を多く制作します。また映像作品の新作にも着手しており今回発表する予定にもなっております。


様々なモノ・ゴトが気になる時代
ここ数年、自身の制作の中に「きっかけ」「翻訳」といキーワードが多く存在しました。
何かに出会う事は必ず「きっかけ」がありますが、気付かなければ「きっかけ」として成立しない。また認識する事で変化する同質のモノゴトはどこか言語の翻訳に近いモノを感じております。言い方が違えば伝わる?知れば伝わる?全ては興味の先にある何かなのかもしれません。言葉や関係に疲弊しやすい時代に「モノ・コト」を少し見直す事で目の前の風景が広がればと日々思っております。もしかすると終わらない夏休みの絵日記を描き続けているのかもしれない。


ご興味を持って頂ければ嬉しいです。
会場でお待ちしております。

滝本章雄